殺陣とは?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

殺陣(たて)又は(擬闘)は、舞台、映画、テレビドラマなどで披露される、俳優の肉体または武器を用いた格闘場面ならびに一連の動作のことである。広義に解釈すると現代劇、時代劇の区別や使用される道具に指定はないが一般的には時代劇に於いて日本刀を用いた剣戟場面を表すときに用いられる用語である。これに関連して、その振り付けや指導を行う人を殺陣師(たてし)又はアクションコーディネーターとも呼ぶ。
語源

新国劇の座長・沢田正二郎が公演の演目を決める際に冗談で「殺人」として座付きの作家・行友李風に相談したところ、穏やかでない言葉なので「陣」という字を当てることを提案したことが「殺陣」の語源と言われている。この演目は1921年に初めて演じられたが、このときの読みは「さつじん」であった。その後、1936年、沢田の七回忌記念公演にて「殺陣田村」として演じられた時から「たて」と読まれるようになった。
概要

十分な鍛錬が行われていない俳優による殺陣を観ると「機械的に武器を振り回している」ように、また「殴られ倒れる様子が大袈裟」に見えることさえあるが、優れた殺陣には、演者自身の肉体を含めた武器の動かし方はもちろんのこと姿勢(構え)・足運びなどの立ち居振る舞い・演技としての流れの美しさが要求されている。 殺陣はあくまでも演技であり、用いる武器(特に、本物の素材を用いた剣、刀)によっては本当に当たっている(当てられている)「ように見せる」配慮や、怪我をしない、させない配慮が不可欠である。これを怠ると殺陣の場面を軸とした作品全体の評価の低下を招いたり、傷害及び死亡事故に発展する場合もある。 演じるに際し、俳優は居合道、なぎなた、空手といった武道および武術を習得していることが望ましいが、殺陣においては劇的な「見栄え」などの効果を考慮する(武道や武術と対照的に作為的に予備動作をおおきくするなど)必要があり、一概に習得した技術がそのまま殺陣の実力と比例するとは言い切れない。そのため、殺陣を正式科目として採用している俳優養成機関は数多く存在する。
使用される小道具

厳しくリアリティを追求する場合や、俳優が殺陣の技術に優れている場合には本物の素材で作られている武器を用いることも少なくはないが、現在は安全や経費の削減のために以下の代用品が用いられることが多い。
日本刀(模擬刀、卵白で銀紙を貼った竹光、ジュラルミン製の刀、殊に真剣が鉄棒であるのに対し、竹光は安全性が高く耐久性に優れる一方で、経験が浅い俳優が扱うと「軽い振り」になりがちであるというデメリットもある)
金属製の棒(ゴムなど、弾力性に優れた素材を内部に詰め込んでいる。警察で訓練に用いる「ソフト警棒」もこの一種)
祭足袋(ゴム底を装備した地下足袋の一種だが、爪先や踵部に補強布が無くゴム底部以外は普通の足袋と同様に見えるため、足袋はだしの状態で使われる)


寺子屋大阪校

Samurai-Experience

Samurai-Experience

youtubeチャンネル


ブログ

寺子屋ブログ

RSS表示パーツ

豆知識